最新育毛剤はココが違う!

おすすめ育毛剤ランキング2016年最新版!

5年ほど前から育毛剤はどんどん進化していて、最新の育毛剤は薄毛対策や育毛効果がかなり期待できるようになりました。
早い進化を遂げる最新の育毛剤に付いていくのはなかなか難しく、どの育毛剤が効果が高いのか分からないという男性はたくさんいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは最新の育毛剤の成分や効果を、毛髪科学と皮膚科学の観点から徹底分析し、おすすめの最新育毛剤ランキングを決めてみました。
化学の進歩や法の改定により、最新の育毛剤に配合されている成分は素晴らしいものがたくさんあります。
薄毛に悩む男性の育毛剤選びと、理想とするヘアスタイルの為の手助けになればと思います。

 


イクオス


イクオスの内容成分と効能


  • オウゴンエキス…抜け毛の原因となっている5αリダクターゼを抑制
  • M-034…毛包の活性化
  • センブリエキス…血行促進や新陳代謝の向上
  • グリチルリチン酸…皮脂の酸化防止

最新の育毛剤に含まれている成分の中でも今最も注目されているのが、オウゴンエキスとM-034の二つです。
従来の育毛剤は、最新育毛剤のイクオスに含まれているセンブリエキスのように、血行促進による育毛に期待するものばかりでした。

育毛剤による血行促進の狙いは、血流を良くすることで毛母細胞への栄養素の運搬を促し、毛髪の成長を助けるというものです。
しかしそれだけでは薄毛や抜け毛を止めることはできず、ハゲは徐々に進行していくのが実情でした。

そこで最近注目を集めるようになったのが最新の有効成分であるオウゴンエキスになりますが、オウゴンエキスには抜け毛の原因を直接ブロックする働きがあります。
男性の薄毛の原因の大半と言われる男性型脱毛症ですが、これは男性ホルモンの一種であるテストステロンが原因で起こります。

テストステロンは体内にある5αリダクターゼという酵素と反応すると、ジヒドロテストロンというまた別の男性ホルモンへと変化します。
このジヒドロテストロンが毛が抜けるよう指令を出すホルモンで、男性の薄毛やハゲの1番の原因となっています。

最新育毛剤であるイクオスには、脱毛指令を出すジヒドロテストロンの生成を阻害するオウゴンエキスが含まれています。
直接薄毛の原因を撲滅してくれるのは最新育毛剤ならではなので、今までの育毛剤以上に抜け毛防止に大きな期待が持てる育毛剤です。

イクオス公式サイトはこちら



 



チャップアップ


チャップアップの内容成分と効能


  • オウゴンエキス…抜け毛の原因となっている5αリダクターゼを抑制
  • M-034…毛包の活性化
  • センブリエキス…血行促進や新陳代謝の向上
  • グリチルリチン酸…皮脂の酸化防止

内容成分を見てお気づきでしょうか。最新育毛剤の中でも高い評価を受けているイクオスとチャップアップですが、実は内容成分はほとんど同じ育毛剤です。
その他の配合成分や配合のバランスはそれぞれ違いますが、二つの最新育毛剤の大まかな有効成分に違いはありません。

発毛協会の医師からも注目されている最新の有効成分オウゴンエキスは元より、オホーツク海沖に生息するミツイシコンブから抽出されるM-034も配合されています。
育毛成分のM-034は髪の毛の成長を司る毛包に直接働きかけて、髪の毛の生成を促進してくれます。

育毛剤メーカーの臨床実験では、五厘刈りにした毛髪にM-034を塗布した状態と、普通に伸ばした状態では髪の毛の成長速度が大きく違うことが分かっています。


しかしなぜイクオスとチャップアップはほとんど同じ成分なのに、最新育毛剤ランキングの1位はイクオスなの?そう疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
その理由はコストパフォーマンスにあります。

最新の育毛剤ランキングで1位のイクオスは1本6800円で送料無料、それに対してチャップアップは1本7400円で送料は別途660円かかります。
また最新の育毛剤は効果がみられない場合に返金してくれる返金保障制度を採用しているものもありますが、イクオスもチャップアップも返金保障制度を採用している育毛剤メーカーです。

イクオスは注文日から45日以内なら返品OKですが、チャップアップは30日以内になります。
さらに、イクオスは購入金額の全額を返金してくれるのに対して、チャップアップは事務手数料が1000円差し引かれます。
そのあたりのコストパフォーマンスの差で、イクオスを最新育毛剤ランキングの1位とさせて頂きました。

チャップアップ公式サイトはこちら



 



リアップx5プラス


リアップの内容成分と効能


  • ミノキシジル…血管拡張作用による血行の促進
  • ピリドキシン塩酸塩…皮脂の分泌量をコントロール
  • トコフェロール酢酸エステル…皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を清潔に保つ

リアップと最新育毛剤と言うと相反するもののように思えますが、リアップの製造・販売元である大正製薬は、2015年の秋に最新バージョンの育毛剤リアップx5プラスを販売開始しました。
リアップと最新のリアップx5の違いは主要有効成分であるミノキシジルの配合率の違いで、リアップが1%なのに対して最新のx5は5%の配合率となります。

ちなみにミノキシジルは非常に副作用の強い成分なので、日本では育毛剤の配合率を5%以下に抑えるように法で定められています。
さらにリアップx5から最新の育毛剤リアップx5プラスにバージョンアップしたことで、ピリドキシン塩酸塩とトコフェロール酢酸エステルが加わりました。

ノーマルのリアップだった頃と比べると、最新の育毛剤リアップx5プラスはより効果の期待できる育毛剤になりました。
リアップは最新育毛剤ランキング上位のイクオスやチャップアップとは違い、壮年性脱毛症に効く育毛剤です。

男性の薄毛の大半は男性ホルモンが原因の男性型脱毛症ですが、加齢が原因の壮年性脱毛症の方もいらっしゃいます。
壮年性脱毛症は血管が硬化したり細くなることで血流が悪くなり、毛母細胞へ充分な栄養運搬が行えなくなることで起こる脱毛症です。

壮年性脱毛症の男性が髪の毛を生やすためには、血管を拡張させて血行を促進することが必要になりますが、それに大きな効果を示すのがミノキシジルです。
多数を占める男性型脱毛症には発毛効果は見られませんが、最新育毛剤のイクオスなどを使ってみて効果が無かった場合は最新のリアップx5プラスを試してみるといいでしょう。

尚、男性型脱毛症か壮年性脱毛症かの区別ははっきりしないので事前に知ることは困難です。
リアップには返金保障制度は無いので、最新育毛剤のイクオスを使ってみて効果が無いようなら壮年性脱毛症と見切ってリアップx5プラスを使ってみましょう。



まとめ

当サイトで推奨する最新の育毛剤はイクオス、チャップアップ、リアップx5プラスの3つになります。
その他にも最新の育毛剤で質の良いものはいくつか存在していますが、どれもイクオスやチャップアップの二番煎じのような育毛剤になってしまいます。

4位以下の最新の育毛剤をイクオスと比較してみて、効果やコストパフォーマンスなどで特に大きなメリットが無かったので3位までの育毛剤のご紹介とさせて頂きました。
最新の育毛剤でお勧めはやはりイクオス、イクオスを1ヶ月ちょっと使ってみて効果が見られないようであれば、返金保障制度を利用して返品しましょう。
その次にチャップアップやリアップx5プラスを試してみるのが最も賢明な選択ですね。

イクオス公式サイトはこちら